FC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは美しい
昔のことを思い出す。
高校の数学の先生が、「この解法は美しい」「この数式は素晴らしい」
とか言ってた。

「美しさ」を感じる対象って人それぞれだね。
自分が一番美しさを感じるのは、「自然」。

だから、阿蘇の高原が好きだし、佐賀の田舎風景が好き。


もし、恋をしたら、好きな人が一番美しく見えるだろうね。
恋は、自分に魔法をかける。

何?恋をしてるかって?

そいつは秘密さ(笑)

スポンサーサイト

時が経つ
時間が過ぎるのを早く感じます。
光陰矢のごとし。

あっという間に、
寿命がつきてしまいそうな感覚。

気がつけば、今年も残り四ヶ月。
時間が高速で進んでいく。

死ぬときに、「我が人生悔いなし」
と言えるだろうか?

一瞬、一瞬を大事に生きよう。
時間は有限だから。


帰り道
まだまだ暑さの残る今日この頃、
仕事が終わったら、歩いて帰ります。

夕方とはいえ、まだまだ暑いので、
汗だくなります。

けれでも、気分は晴れやか。
いいストレス解消になっています。

空を見上げるのが好き。

大きな空の中を、雲が色々な形をして浮いている。
丸かったり、四角だったり、その中間だったり。

もし、自分に羽があったら、
自由に飛び回りたい。

あの空の向こうまで。

元気の充電会(8月31日)
越山雅代さん主催の「元気の充電会」が開催されます。

タイトル:「豊かさと幸福をもたらすアファメーション」

開催日時: 8月31日(金) 日本時間午後10時半より (約1時間の予定)

参加費:無料。かかるのは電話代のみ
(国際電話は高いと思っている人達は、遅れてる!何と、多くの人達が使っているのは、
一分2.4-5円ぐらいで、一時間144-150円。あなたも時代に乗り遅れないように!)

詳しくは↓
http://masayo-blog.com/archives/896



好きな言葉(その40)
=======================================

運命を読み解き、
行動に翻訳するのは
自分しかいないのだ。

運命に立ち向かうのもよし、
背を向けるのもよし、
すべてはお前の選択だ

(「お金と正義」(神田昌典著))

==================================

自分は、運命に立ち向かうことを
選択しました。



【真の教育とは】
宝地図ナビゲータの望月俊孝さんのブログに、
ステキな話が掲載されていました。

以下、抜粋です。
http://takara.livedoor.biz/archives/51076090.html

------------ここから引用-------------

『真の教育とは』

あるメルマガの記事にとても感銘を受けました。
その内容を紹介します。

新米の先生が5年生の担任として就任した時、
一人服装が不潔でだらしなく、
どうしても好きになれない少年がいました。

先生は、中間記録に少年の悪いところばかりを
記入するようになっていました。

ある時、少年の1年生からの記録が目に止まった。

「朗らかで、友達好きて、誰にでも親切で、
勉強も良くでき、将来が楽しみ」
とある。
 
先生は、これは何かの聞違いだ、他の生徒の記録に違いない、 
そう思った。

2年生になると
「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」
と書かれていた。
 
3年生では
「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りをする」
そして後半の記録には
「母親が死亡。希望を失い悲しんでいる」
とあり、

4年生になると
「父は生きる意欲を矢い、アルコール依存症となり、
子供に暴力をふるう」
とあった。

先生の胸に痛みが走った。
ダメと決め付けていた子が突然、深い悲しみを生き抜いている
生身の人間として、自分の前に立ち現れてきたのだ。

先生にとって目を開かされた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声をかけた。
「先生は夕方まで教室で仕事をするから、
あなたも勉強していかない?
分からないところは教えてあげるから」

少年は輝くような瞳と笑顔で「はい!」と応えた。

それから毎日、少年は教室の自分の机で予習・復習を熱心に続けた。

授業で少年が初めて手を上げた時、先生に大きな喜びが沸き起こった。
 
少年は自信を持ち始めたのだ。

クリスマスイブの午後だった。
少年が小さな包みを先生の胸に押し付けてきた。
後で開けてみるど香水の瓶だった。
亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。

先生はその香水を身につけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。

雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、
気が付くと直ぐに飛んできて、
先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い! 今日は素敵なクリスマスだ。」

6年生では、先生は少年の担任ではなくなった。
卒業の時、先生に少年から 1枚のカードが届いた。

「先生は僕のお母さんのようです。
そして、今まで 出会った中で1番素晴らしい先生でした。」

それから6年後、またカードが届いた。
「明日は高校の卒業式です。
僕は5年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。
お陰で奨学金をもらって医学部に進学することができました。」

10年を経て、またカードが届いた。

そこには、先生と出会えた事への感謝と
父親に叩かれた体験があるから
患者さんへの痛みが分かる医者になれたと記され、
こう締めくくられていた。

「僕は5年生のときの先生を思い出します。
あのままダメになってしまう僕を救って下さった先生を、
神様のように感じました。
大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、
5年生の時に担任して下さった先生です。」

そして1年後
届いたカードは結婚式の招待状だった。
「母の席に座って下さい」
と一行添えられていました。

新任の先生は当時22歳
学校を卒業したばかり、
学問の教え方についての意気込みはあったものの、
人を育むという 
「本来教諭が身につけていなければならない」
ものを少年によって再認識させられたそうです。

少年の過去、生い立ちを知ったことで眼を開かされた先生。
先生の深い愛情で 自分を取り戻した少年。


------------ここまで引用-------------

佐賀北
佐賀北が優勝しましたね。
体は福岡県民ですが、心は佐賀県民ですので、
とても嬉しいです!
めでたい・めでたい。

ところで、
ノートパソコンの調子が悪いです。
もう寿命かな。

ダメ元で、OSの再インストールをやってみます。


好きな言葉(その39)
=====*=======*===========*===

天才の産み出すものは、
すべて熱中の産物にちがいない。

(ベンジャミン・ディズレーリ)

=====*=======*===========*===


仕事でも趣味でも、
好きでやっている人にはかないませんね。


そういう人生を、僕は選んだ。
たとえ、夢が叶わず、
夢のままであったとしても、
夢を追い続ける人生を選びたい。

たとえ、世界中を敵にまわし、
ひとりぼっちになったとしても、
夢を追い続ける人生を選びたい。

自分の才能に不安を感じ、
孤独に怯え、毎日が苦しくても、
夢に向かって、歩き続ける。

そういう人生を、僕は選んだ。

帰還
火曜の夕方に実家、熊本に帰り、
先ほど、福岡に帰還しました。

ただ、どうも風邪をひいたみたいで、
頭痛がひどいです。
夏バテかな。

今日は、ゆっくり休みます・・

好きな言葉(その38)
======*========*======*========*======*========*

軍艦というのはいちど遠洋航海に出て帰ってくると、
船底に「かきがら」がいっぱいついて船あしがうんと
落ちる。

人間もおなじで、経験は必要だが、
経験によってふえる智恵とおなじ分量だけの
「かきがら」が頭につく。

智恵だけ採って「かきがら」を捨てるということは
人間にとって大切なことである。

(「坂の上の雲(司馬遼太郎)」より)

======*========*======*========*======*========*

自分にとっての「かきがら」は、何だろう?
失敗したことへの悔やみかな。

天使の羽と白衣の天使
今日不思議な体験をしました。
家を出て、道を歩いていると、風にのって
目の前に「鳥の羽」が落ちてきました。

自分の歩いている、ちょうど目の前に!
上空には、鳥はいなく、青空が広がっていました。

以前にも書きましたが、鳥の羽はスピリチュアルな
メッセージがあるそうです。

何かのメッセージに思えてなりません。

最近、「旅」という文字が、よく目につき、
気になっていました。

それと関係あるのかな?


話は変わって、今日献血しました。
そしたら、途中で気分が悪くなって、気を失いました。
(すぐに目覚めたけど)

30分くらい、動けなくて、まあ大変でした。
でも、その時、看護婦さんが天使に見えました。
献身的な愛。
白衣の天使っているんですね(笑)

対人関係に悩む時
対人関係が上手になりたい
今日この頃。

それで、次の本を読もうと思っています。
D・カーネギー著のとても素晴らしいと評判の本です。
人を動かす 新装版

【目次】
●人を動かす三原則
1 盗人にも五分の理を認める
2 重要感を持たせる
3 人の立場に身を置く 
●人に好かれる六原則
1 誠実な関心を寄せる
2 笑顔を忘れない
3 名前を覚える
4 聞き手にまわる
5 関心のありかを見ぬく
6 心からほめる
●人を説得する十二原則
1 議論をさける
2 誤りを指摘しない
3 誤りを認める
4 おだやかに話す
5 “イエス”と答えられる問題を選ぶ
6 しやべらせる
7 思いつかせる
8 人の身になる
9 同情を持つ
10 美しい心情に呼びかける
11 演出を考える
12 対抗意識を刺激する
●人を変える九原則
1 まずほめる
2 遠まわしに注意を与える
3 自分のあやまちを話す
4 命令をしない
5 顔をつぶさない
6 わずかなことでもほめる
7 期待をかける
8 激励する
9 喜んで協力させる
●幸福な家庭をつくる七原則
l 口やかましくいわない
2 長所を認める
3 あら探しをしない
4 ほめる
5 ささやかな心づくしを怠らない
6 礼儀を守る 
7 正しい性の知識を持つ

暑い中の訪問者
明日、福岡の予想最高気温は、36℃らしい。

暑いですね。

クーラーが嫌いなので、
いつも汗だくだくです。

お水をたくさん飲みます。

話は変わって、
今朝、ネコが窓近くで「にゃーにゃー」言ってました。
黒と白のしましま模様のネコ(「しまネコ」と名付けた)。

突然の訪問者にびっくりしたけど、
つい笑ってしまいました(笑)


『事実は小説より奇なり』


しまネコ君、またの訪問をお待ちしております!

「What」or「How」
・「what(何をするか)」にこだわる人
  
 自分が取り組む対象に、徹底的にこだわる。
 例えば、「私は、プログラムで、ロボットを制御したい」
 といった感じで、何をやるかにこだわる。
 自分の興味のないことには、そっぽを向く。

・「How(どんのようにするか)」にこだわる人

 自分が取り組む対象に、特にこだわりはなく、
 与えられた課題(問題)を、どのように(How)
解くかに、こだわる。どのような分野にも、
 進んで取り組める。
 

 
どちらが有利かということはなく、
人それぞれの個性。

ただ、自分が「what」にこだわるのか、
それとも「How」にこだわるのか、
知っておくといいと思う。

なぜなら、どちらにこだわるかで、
選ぶ職業にも影響してくるから。

大企業や大きな組織では、上から与えられた事を
やらなければならず、「What」にこだわる人は
ストレスがたまる。

自分のように(笑)


「What」か「How」で、すべてが決まるわけでは
ないけれど、思考ゲームとして、色々考えてみると
おもしろいです!




(雑記)
ブログへのコメントは、必ず返答するように
しています。

どれもこれも、ステキなコメントばかりなので。


=====***=====***=====**
越山雅代さんの福岡講演会&エゴスキュー講習会
が開催されます。

私もスタッフとして参加しますので、
お気軽にお越しください。

【日 時】9月8日(土曜日) 
      9時~17時(受付8時:40分~)


第一部:絶対健康、元気、強運セミナー
    9:00~12:00(小ホール)

第二部:エゴスキュー講習会 
    13:00~17:00(小ホール)

【会 場】 福岡県立ももち文化センター(ももちパレス)       
      福岡市早良区百地(TEL:092-851-4511)
      http://www.momochi-palace.net/


【交 通】 地下鉄空港線 藤崎下車 
      2番出口上がる 西鉄バスターミナル隣
       http://www.momochi-palace.net/access.html

【担 当】220ボルトシスターズ宮本美鈴
   
  TEL&FAX : 096-361-1247
  スカイプID :  a-zrinrin
  携帯   : 090-3014-4146
  E-MAIL  : sun-sun88@snow.ocn.ne.jp

=====***=====***=====**




 

好きな言葉(その37)
=============================================
確かに大自然の安らかな静けさの中には、
人間の微々たる悩みや疑いなど威圧する
何ものかがある。

あの紺碧の空や天上に群がる星々を眺めていると、
心が安らかになっていく。

(ジョナサン・エドワード)
==============================================


ふと空を見上げると、雲が生き物のように、
壮大に泳いでいる。
その中で、夕日が優しくささやいている。


自分の悩みなど、本当にちっぽけなこと。

夏休み
夏休み期間で、朝の博多駅は、
旅行に出かける前の家族が多い。

小学生をよく見かける。
元気がいい。
お母さんは大変そう(笑)。

良い思い出を、作って欲しいと思う。
後になって、その思い出が宝物になるから。


蛇足ですが、自分は11日から19日まで、連休です。
19日は、歌うために、佐賀の武雄に行きます。
あとは、未定ですね。
実家には、暇を見つけて帰りますけど。


誉められる
自分で、本を読んだりCDを聞いたりして、
プラス思考に持っていくよりも、

誰かに、「あなたは優秀!」といわれた方が、
すごく自信が持てる。

だから、お互い誉め合いましょう。

せ~の、
「あなたは優秀!!」

越山雅代福岡講演会&エゴスキュー講習会
越山雅代さんの福岡講演会&エゴスキュー講習会
が開催されます。

私もスタッフとして参加しますので、
お気軽にお越しください。

特に、健康に不安のある人や人生を変えたい人に
お勧めです。

=====***=====***=====**

【日 時】9月8日(土曜日) 
      9時~17時(受付8時:40分~)


第一部:絶対健康、元気、強運セミナー
           9:00~12:00(小ホール)

第二部:エゴスキュー講習会 
        13:00~17:00(小ホール)

【会 場】 福岡県立ももち文化センター(ももちパレス)       
      福岡市早良区百地(TEL:092-851-4511)
      http://www.momochi-palace.net/


【交 通】 地下鉄空港線 藤崎下車 
      2番出口上がる 西鉄バスターミナル隣
       http://www.momochi-palace.net/access.html

【担 当】220ボルトシスターズ宮本美鈴
   
  TEL&FAX : 096-361-1247
  スカイプID :  a-zrinrin
  携帯   : 090-3014-4146
  E-MAIL  : sun-sun88@snow.ocn.ne.jp

=====***=====***=====**

お姉さんがたくさん
自分には、血のつながりはないけれど、
いつも暖かく見守ってくれるお姉さんが
たくさんいる。

よくよく自分のブログへのコメントを見ると、
女性が多い! しかも年上の割合は高い(笑)

何にせよ、感謝☆感激です!!





合わせられなくても・・
社会の常識や世間の価値観に、
合わせることができない自分を、
認めてあげてもいいのではないでしょうか?

なぜなら、当たり前と思っている世間・社会は、
世界の中のある一部分にすぎないのだから。


好きな言葉(その36)
======================================

悲しみや苦しみ、
そして喜びをわかりあうことから
大きな力が生れ、
その力が世界をよりよい方向に
導くための礎となる。

(ヴァイオリニスト 五嶋みどり)

======================================

喜びや幸せは、
人と分かち合うことで大きくなり、
苦しみや悲しみは、
人と分かち合うことで小さくなります。

でも、「喜び」や「幸せ」も「苦しみ」や「悲しみ」も、
すべて人生には必要なものだと思います。


嵐の夜
台風接近で、福岡は大荒れの天気です。
九州の人は、気をつけてくださいね。

台風の影響で、仕事が早めに終わりました。
17時過ぎに博多駅を通ったのですが、
人でごった返していました。

電車を待つ人、タクシーを待つ人。

バスも混んでいました。
超満員です。
東京の朝のラッシュよりは、マシでしたが(笑)

それにしても、自然の力はすごいですね。
司馬遼太郎の「21世紀に生きる君たちへ」
を思い出しました。


自然をおそれ、その力をあがめ、
自分たちの上にあるものとして、
身をつつしんできた。



人間なんてちっぽけだな~と、
満員バスの中で、感じました。





美しさ
美しい文章が書けるようになりたいと思う。
言葉の美しさを表現したい。

この目標を叶えたい。
Copyright © 人生讃歌・雅代メソッド実践中. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。